読む前に1回クリックお願いします。
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
スポンサーリンク

俺の母親は自称霊感の強い人。

今は俺たちを産んで俺たちにその霊感が分けられたらしい、
だから今はそういう体験はまったく減ったとのこと。

これは俺達を産む前の話。

俺のお母さんは友達二人と遊びにいってたらしい。

それで、
長いことベンチに座って話してた、
お母さんはベンチの一番端に座ってたらしい、
友達達が喉が渇いたから飲み物を買ってくるといって、
二人とも少し離れたところの自販機に行ったらしい。

そこでお母さんが友達を待ってると、
おばあさんが横から話しかけてきた

おばあさんと世間話とかをしてたんだって、
ほんとに普通の世間話。

少しそのおばあさんと話してると、
友達達が帰ってきて隣に座った。

友達達は小声で二人で何か話してた

お母さんは、お母さん達に気を使って話しかけて来ないと思ってた。

ほんとにその少し後に、お母さんのすぐ隣に
座ってる友達が肘でつついてきた。

つつきながら友達が小声で「なあなあ、あんた、誰と話してんの?」
って言ってきたらしい

お母さんは普通に「いや、ここにおばあさんおるやん」って言いながら、
おばあさんの方に振り返ったらいなかったんだってさ。

お母さんは肝が座ってる人だからか、
子供の頃から霊体験してるからか知らないけど
そういう事には怖がらない人。

で、お母さんの自論なんだけど

最近死んだ人で幽霊になった人は、
ほんとに普通の人と区別がつかないらしい。

死んで幽霊になって結構時間が立ってる人は
だんだん霞んでくるような、

透けるような感じになるらしい。

俺のお母さんが小さい頃、
家族で出掛けてたときの話

住んでるすぐそこにおっきい駐車場があるんだが、
お母さんが急にそこの近くの柵にかけよって

俺の祖父母に

「手がいっぱい出てるで、なにあれ?」っていったらしい
零感and幽霊信じない祖父はさっさとその場を
家族をつれて出掛け先に行ったらしいが

その後駐車場、
戦争してたとき戦闘機の部品を
作る工場があったらしいんだが、
そこが攻撃を受けたらしい

多くの人が無くなったんだってよ。

その夜、俺のお母さんが金縛りにあったらしいんだ、
朝、それを祖父に話したら「ただ疲れてるだけ、たまたま」

って信じない、

その次の日の夜祖父が金縛りにあって
祖父は少し信じるようになったらしい

【引用元】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1440824523/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事