読む前に1回クリックお願いします。
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(オカルト・怖い話)へ
スポンサーリンク

阪神大震災から半月が経った頃だったとおもう。
まだ崩れた家屋や瓦礫はそのままになっていた。

オレとオカンはいつも瓦礫の中を徒歩で自宅に向っていた。

オカンはある瓦礫の山のところで
いつも「行くで!」と走り出した。

「またかいな」とオレが言うとオカンは
「ここはいつも気持ち悪いんよ、
あんたにはわからんやろうけど、
なんかまだ人がおる気がするわ」と言う。

「呼ばれるんよ、気持ち悪っ!」と
また走り出すオカン。

それから一週間ぐらい過ぎた後、
オレとオカンはまたあの道を通った。

ふわ~と線香の香りがしてきた。

すると、
よくオカンが「気持ち悪い」と走っていた
瓦礫のとこに花束と缶ビールと、
火のついた線香が置いてあった。

「まだ下に埋まっとったんやね」と言うと
オカンは手を合わせた。

オレもビビっていたが、
手を合わせた。

オレとオカンは震災から20年目の今年。
阪神大震災1.17のつどいに参加した。

東遊園地という公園で毎年開催されている。
1.17と並べた竹筒の中に火を灯し死者を弔う行事。

オカンは「頭が痛いわー気分が悪い。
やっぱりこうゆうとこに私は来たらあかんわ~
変なもんまで呼んでるわ~」と言う。

オカンが言うには同情してほしがる
他の幽霊までがきてしまっているそうだ。

「こんなとこおったら変なもんに取り憑かれるわ。
帰ろ。」オカンはしんどそうに言っていた。

翌日オカンは高熱を出した。
「へんな奴のせいやわ」とオカン。
ちなみにオレはオカンの霊能力は全く引き継いでいない。

後味が良い幽霊がいるのか知りませんが、

オカンが言うには気持ち悪くない幽霊はいないと。

なんか理由があるから幽霊になり
訴えて来るんやろ言うてました。

うちのオカンはオレと違いオカルト系映画なんかを怖がる人。
オレは平気な方。

しかしオカンは霊の存在をイヤでも感じとるらしく、
だんだん体調を崩したり気持ち悪く吐き気がすると言う。

オレはオカンと一緒にいても何も感じません。

だからオレはオカンより霊能力は無いです。

【引用元】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1388120101/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事